• TOP > 
  • 消化器内科

消化器内科

胃腸や肝臓、すい臓など消化器疾患を専門に治療します

胃腸や肝臓、すい臓など消化器疾患を専門に治療します

下痢や腹痛、便秘などの消化器症状や、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、ピロリ菌感染症の診断や治療を行います。
消化器の臓器は、食道・胃・十二指腸(小腸の一部)・小腸・大腸・肝臓・胆のう・膵臓と複数に分類されますので、消化器の病気といっても種類は多くあります。
腹痛や下痢、胸やけなど少しでも身体に異変を感じましたら早めにご相談ください。

こんな場合はご相談ください

胃がむかむかする、胃もたれがする、下痢気味、胸やけがする、咳が出る、食欲がない、血を吐いてしまった、お腹が痛い、お腹が張る、血便が出た、便が黒い  など

当院で行っている検査

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査では、食道や胃、十二指腸の粘膜を検査します。今まで内視鏡検査で、「痛い」「苦しい」など辛い思いをした方もお気軽にご相談ください。当院では鼻からカメラを挿入して検査することで苦痛を少なくさせる経鼻内視鏡検査にも対応しています。

詳しくはこちらをご覧ください

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査では、直腸から盲腸までの大腸の粘膜を検査します。もし検査中にポリープなどを発見した場合は、その場で切除することもできます。経験豊富な医師が細径カメラを使用して丁寧に挿入するなど患者さんの負担が少ない検査を心がけております。

詳しくはこちらをご覧ください

ピロリ菌の検査・除菌について

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しており、感染したまま放置しておくと十二指腸潰瘍や胃潰瘍、胃がんになるリスクが高くなります。50代以上の日本人の6割~8割がピロリ菌に感染しているといわれています。ピロリ菌の除菌を行うことで、胃がんの発生リスクを3分の1程度に抑えることができます。ピロリ菌の検査・除菌をご希望の方はお気軽にご相談ください。