• TOP > 
  • 一般内科

一般内科

どのような症状もお気軽にご相談ください

どのような症状もお気軽にご相談ください

発熱や風邪、咳、鼻水などの急性疾患から、高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、気管支喘息や花粉症などのアレルギー性疾患など幅広い診療に対応しております。
また、健康診断や予防接種も行っております。
分かりやすい丁寧な説明を心がけて診療を行っております。
身体の調子がおかしいなと感じた場合は、どのような症状でもまずは一度お気軽にご相談ください。

こんな場合はご相談ください

頭が痛い、咳が出る、熱が出た、痰がからむ、下痢気味、便秘気味、軽い運動で息切れがする、吐き気がある、花粉症がつらい、食欲がない、お腹が痛い、めまいがする、のどが痛い、急に体重が減少した、急に体重が増えた  など

生活習慣病について

糖尿病 糖尿病
糖尿病の原因は、乱れた食生活や運動不足、ストレスなどです。糖尿病にかかると目の病気や腎臓の病気など様々な合併症を引き起こします。糖尿病に罹患した後も、血糖をコントロールしていくことで合併症の予防や進行を抑制していきます。生活習慣を見直すことで糖尿病を予防するようにしましょう。
高血圧 高血圧
高血圧とは、血圧値が収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上(140/90mmHg以上)の状態のことをいいます。血圧を測る場所や状態などによって数値が異なりますので注意してください。高血圧は自覚症状がほとんどありませんので、定期的に血圧を測るようにしましょう。
高脂血症 高脂血症
高脂血症とは、血液中の中性脂肪や悪玉のLDLコレステロールが必要以上に増えるか、善玉のHDLコレステロールが減った状態のことをいいます。高脂血症に自覚症状はほとんどありませんが、動脈硬化や脳梗塞など重大な病気の原因になりますので、定期的に健診を受けて早期発見早期治療を行いましょう。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に、上記3つの病気(糖尿病、高血圧、高脂血症)のうち2つに該当した場合に診断される病気です。メタボリックシンドロームは、動脈硬化の促進や心筋梗塞の危険が高まりますので、食生活の改善や軽い運動を行うなど生活習慣を見直すことで病気を予防しましょう。

治療方法

栄養指導

栄養指導

生活習慣病の方には患者さん一人ひとりに合わせた栄養指導を行っています。
栄養バランスのとれた健康的な食生活を送ることで生活習慣病を改善していきます。

運動療法

運動療法

生活習慣病の原因の1つは運動不足によるものですので、生活習慣病の治療は、栄養指導と並行して運動療法を行うことが大切です。
肥満を解消するためには、基礎代謝や心肺機能を高めることが大切ですので、無理のない程度でウォーキングやジョギングを行うようにしましょう。